転職徹底サポート

転職理由

 

転職の際には転職理由を面接などで聞かれることも多いのではないでしょうか。

 

転職理由を聞かれた場合には、何と答えればいいのか、
正直に前の会社の上司が嫌だったから転職したとか、
前の会社の仕事の内容が合わなかったから転職したということを伝えていいものか、ためらう人もいるでしょう。

 

転職理由を聞かれた際に、前の会社の不満や嫌な面を口にするというのは、あまりいいことではありません。
できれば前を振り返るのではなくて、これからに向かっての転職を理由にすることの方がいいと思います。

 

例えばその時の状態が嫌で転職をしたという場合であったとしても、転職理由としては、
自分の新しい可能性を新しい職場で見つけたかったと言ってみたり、
自分が今までに経験したことがない業界で、自分の新たな面を発見してみたいと思った、
今まで経験してきた業界でキャリアアップをするために、ワンランク上の会社へ転職をすることを決意したなど、
前向きな意見を転職理由にするというのが一番です。

 

前の会社について、あれこれ嫌な面を挙げて不満を伝えるというよりも、
前向きに転職理由を伝えた方が、絶対に、印象はいいと思います。

 

転職理由については必ずと言ってもいいほど、面接などで聞かれることが多いですから、自
分でどのようにこたえようと思っているのか考えた上で、あくまでもポジティブに、明るく答えられることが基本です。

 

ネガティブな転職理由では印象が悪いので注意しましょう。

転職の履歴書

 

転職の際にまず第一関門として重視されるのが履歴書です。

 

転職の履歴書というのは、応募書類としてまず企業に自分を知ってもらう際の第一段階になりますから、
とても大切なものになります。

 

学歴について経歴、自己prなど様々なことを書くことになるので、その点は十分に理解しておく必要があります。、

 

自分のすべてを知ってもらうための履歴書で採用が決まると言ってもいいですから、きちんと転職の履歴書は、丁寧に用意して、書類選考で落とされることのないようにしましょう。

 

転職をする際の履歴書といっても、通常の履歴書と何ら変わりはありません。
注意すべき点も他の履歴書を書く事と共通しています。
まず字は丁寧に書きましょう。

 

雑で時間がないのに書いたとわかるような履歴書は、読む気がしませんから、
書類選考で落とされる対象になります。

 

そして事実ではないことを書くこともやめましょう。
経歴を変えたりすることは、経歴詐称になるので、十分に注意しましょう。

 

誤字脱字についても十分に注意しましょう。これは基本です。
転職の履歴書をパソコンで作成するという人もいますが、志望動機の部分だけは1社ごとに書きなおしましょう。

 

すべての企業が対象になるような無難な言葉を書く人も中にはいるのですが、
それでは、企業にもばれてしまいますし熱意が伝わってきませんので、
すべての企業に向けてかくような志望動機ではなくて、
一社ごとに志望動機の部分は書き直すことにしましょう。